MENU
サラフェ

「汗かきの顔」がひどい原因について

「汗」は、体温調節のためにかきます。これは誰にでもあるものなので、夏など暑いときに汗をかくことはおかしなことではありません。

 

しかし、中には「ものすごい量の汗」を、よりにもよって「顔」にかいてしまう人がいます。それはなぜなのでしょうか。ここでは、「顔の汗かき」の原因について調べてみたいと思います。

 

顔の汗かきの原因は主に3つ

 

「顔に尋常じゃないほどの汗をかく」原因は、主に3つです。その3つとは

 

  • 肥満
  • 多汗症
  • 顔以外の汗腺機能の低下

 

です。1つずつ見ていきましょう。

 

本来「汗」は体温調節のため、新陳代謝の一貫として起こります。しかし肥満の場合、脂肪のせいで体の中の熱をうまく放出することができません。顔だけでなく、全身に汗をかきやすくなります。

 

多汗症は病気の1つで、外の気温や運動の有無に関係なく大量の汗をかいてしまいます。

 

そして3つめの「顔以外の汗腺機能の低下」ですが、これは運動不足などによって熱の発生が少なくなると、汗腺は「仕事がないから休んじゃえ!」と活動を停止してしまうのです。すると顔で体温調節をするようになるため、「顔の汗かき」になってしまうというわけです。

 

顔の汗を止めるには?

 

「顔の汗」はかなり目立ちますし、なんとかして止めたいと思いますよね。先ほどお話しした「3つの原因」のどれに当てはまるのか、まずは見極めましょう。どちらにせよ、定期的に運動をするなどの「体質改善」「生活習慣の改善」は必須となります。このような「内側からの対策」というのはとても重要ではありますが、なかなか効果がでにくいというデメリットもあります。即効性はないのです。

 

「今すぐ」顔の汗を止めたいという人は、顔用の制汗剤を使ってみるのも良いと思います。顔用の制汗ジェル、「サラフェ」がおすすめです。サラフェは顔汗対策として作られたジェルで、塗るだけで顔の汗を止めることができるとして人気です。もちろん内側の対策も行いながら、「サラフェ」で顔の汗を今すぐ何とかしましょう!