MENU
サラフェ

顔の汗かきを治す方法「ツボ」について

どこか体の不調があるとき、「ツボ」を刺激したことのある人も多いと思います。「ツボ」というのは不思議なもので、薬ではないのに押すだけで効果を感じることができます。

 

さて、「顔の汗」に悩んでいるという人も多いことでしょう。季節に関係なく顔からダラダラ汗が垂れてしまうのは、やはりみっともないと感じますよね。そんな「顔の汗を止める」効果のある「ツボ」はあるのでしょうか。

 

顔の汗を止めるツボはどこ?

 

では、顔の汗を止める効果のあるツボをいくつかご紹介します。

 

労宮(ろうきゅう)

手のひらの中心にあります。握りこぶしを作ったとき、中指の先があたるところです。

 

復溜(ふくりゅう)

くるぶしの内側で、くるぶしとアキレス腱の間よりも指2〜3本くらい上にあります。

 

後谿(こうけい)

手を握ったとき、小指の付け根にできるシワのところにあります。

 

大包(だいほう)

第6肋骨にあります。脇の下全体を押してもOKです。

 

顔の汗が気になるとき、これらの「ツボ」を刺激してみましょう。ツボは強く押せば効果が上がるというものではありません。強く押しすぎると内出血を起こすこともありますので、気持ちいいと感じるくらいの強さで刺激してくださいね。

 

即効性のあるのは「サラフェ」?

 

ツボを刺激することも「顔の汗かきを治す」ためには効果的ですが、より早く確実に効果を得たいというのなら、「サラフェ」という制汗ジェルがおすすめです。薬用成分「高純度パラフェノールスルホン酸亜鉛」が配合されていて、汗を抑制する効果は抜群です。サラサラの仕上がり、そして肌のバランスを整える効果もありますよ!

 

サラフェには、汗を止める(抑制する)効果だけでなく、皮脂を抑制したり、女性特有のバランスを整えてゆらぎを改善する効果もあります。メイクの前に塗るだけという手軽さも、サラフェが支持されている理由と言えると思います。「とにかく顔の汗を止めたい」という人は、ぜひ1度「サラフェ」を使ってみてくださいね。